FC2ブログ

台湾を知ると世界が見える

【北京時事】中国国務院台湾事務弁公室の朱鳳蓮報道官は31日、台湾の李登輝元総統の死去を受け「『台湾独立』は破滅への道だ。国家統一、民族復興という歴史の大勢はいかなる人物も勢力も阻めない!」とする短い談話を出した。
 中国政府の最初の公式な反応で、李氏が「台湾独立」を志向したと非難し、台湾側を強くけん制した。 


藤井巌喜著「台湾を知ると世界が見える」を
まだ読んでいない方は是非読んでください。
地政学上、日本と台湾は運命共同体です。
台湾独立を阻む親中派勢力を抑えて、
先進諸国と台湾を中国の覇権から護る必要があります。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する